小切手に掛かれている銀行支店ならすぐに現金化できます

違う銀行の場合でも2.3営業日で口座に入金されます

小切手を現金化する場合には裏面に振出人の署名と印鑑があれば営業時間内にその銀行の窓口に行けばすぐに換金する事ができます。 署名と印鑑がない場合は、自分の名前を署名し印鑑を押し自分の口座がある銀行の窓口に通帳と一緒に持っていきます。 念のために使用している印鑑やカード、身分証明なども持っていきましょう。 データを比較すると一般的には翌営業日の午後一時から引き落としが可能になります。


クレジットカードの現金化

小切手には事業用と個人用の二種類があります

個人の小切手では押印はしません

映画やテレビドラマでしか姿や形を見たことがないという方は非常に多いかと思います。 それくらい一般的には馴染みのないものではないでしょうか。 この時に金額とサインだけ書いて渡している小切手は押印がないので個人用という事になります。 海外旅行をする方などはご存じかも知れませんが良く似たシステムのトラベラーズチェックというものがあります。 これは預金小切手という昔からの名称のものになります。 通常ではそれ以外では日本で生活しているとあまり目にする機会はないのかもしれません。 現状では先進国のアメリカやヨーロッパのイギリス、フランス、イタリアなどでは現在でも頻繁に現金化されています。

現金化でのやり取りが高額になると安全面の不安もあることから利用

発行するには銀行にその分の残高が必要になります

そこまで高額なお金のやり取りをする方はほとんどいませんが、発行するには予め準備が必要で誰でもすぐに作れるわけではありません。 当座勘定取引契約を結んでいる銀行で有料で小切手帳を交付して貰わなくてはいけません。 また、発行する際にはそれを支払う分の残高がなければいけません。 一般的には発行する事も受け取ることもあまりないものですが、現金化する際には特定線引であるかどうかを確認しましょう。 右上に二本の平行の/線が入っていれば安心と言える証書です。 これによって盗難、紛失の場合でも取引がある個人や会社にしか支払いができなくなります。 また小切手で現金化する場合は10日が目安となっています。 支払銀行に持っていけば現金を受け取ったり口座振替ができます。

手形と小切手の現金化の違いは?

作成する時点で資金がなくても信用などで先延ばしにできます

会社の倒産の前によく資金調達の期日を延ばすために発行されるのが手形です。 小切手は発行したら振り出した支店でしたらすぐに現金化することができます(内容によっては異なる場合もあります)が、手形は記載されている期日が来ないと換金ができません。 その期日に指定の金額が口座に入っていないと不渡りになり、これが二度目となると銀行との取引停止となってしまいます。 こうなってしまう事は世間一般的に言えば倒産という形になります。


手形を現金化



現金化

このページの先頭へ